森林浴の効果

「森林浴」の効果ってなんだと思いますか?

山へ登山・昆虫採集・山菜採りいくのが好きな森ガールも増えていますよね。

森の中が静かで、周りには風と大地の匂い・・

自然に囲まれた空間て考えただけでも気持ち良さそうですよね♪

都内の喧騒から離れて、静かな空間に癒される

日々の忙しく仕事や学校で生活を送る中で、ストレスや疲労は知らず知らず農地にたまってしまうものですね。

だからこそ、週末や夏休みなどの時間が取れたら、都会の喧騒から離れて自然の中や温泉や海へ行ってゆっくり過ごしたいというひとも多いのではないでしょうか。

「森林浴」ってなんだろう?

森林を散策して樹木の香気を浴び、安らぎや爽快(そうかい)感を得ることだそうです。(ウィキペディアから)

1.「 目 」

小さい頃、目が疲れたら遠くの緑を見たらいいよなんて言われたことを思い出します。森の色である緑色にはリラックス効果があり、見ることでPCやスマホなどで疲れた目を休ませてくれます。また、リラックスしたときに働く副交感神経の活性化にもつながります。

2.「 耳 」

森に入ると川のせせらぎ、鳥の声、風の音など自然の音も多く聞こえてきます。森林浴では、耳も研ぎ澄ませることで癒されますよね。

森には、1/fゆらぎという、心臓の音に似た自然が生み出す独特のリズムが流れており、高周波音が脳を活性化し、リラックスさせる効果があります。

3.「 鼻 」

森林に入ると独特の香りがします。もともとは植物が自己防衛、殺菌のために葉から放出しているものですが、お寿司やハーブ、アロマなどでも見られるように植物の殺菌作用を、人々は古くから利用してきました。また、森はα波を出しているためリラックス効果も期待できるんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。